<< March 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Archives
Recent Comment
4月のお休み
  • 2009.03.30 Monday
  • -
  •  
           
        4月のお休みは下記の通りになります

 7日(火)14日(火)15日(水)21日(火)28日(火)

        以上になりますので宜しくお願いします

横浜開港150周年
  • 2009.03.25 Wednesday
  • -
  •  
      昨日は友人家族と横浜に行きました
        定番ですが、みなとみらい辺りから山下公演まで散歩
        その後、中華街でお昼を食べました

        みなさんは横浜開港150周年ってのをご存知ですか?
        1859年(安政6年)の開国・開港から150周年を迎える、2009        年横浜は未来への「出航」をテーマに、その歴史や魅力が
        満載の博覧会「開国博Y150」を開催します。というのを
        行うそうです

        4月28日〜9月27日まで開催期間です
        昨日も準備をあちこちでしており既に出来ていたのは
        赤レンガ前には綺麗なお花を敷き詰めていました
        オープニングイベントには「ゆず」がテーマソング♪
        を歌ったりと賑やかになる様です

        横浜という所はなんでしょうね・・・夜景はもちろん
        素晴しいですが街全体が独特の雰囲気があるというか・・
        やはり普通の街とは違うというか・・
        昼でも夜でも遊びに行くと楽しいところですね
 
        柏からでも車で1時間位でいけますし
       (高速次第ですが昨日も首都高空いてて1時間で帰れました)
        みなとみらいにあるワールド・ポータースの駐車場なら
        1日停めといて¥1000です
        これからの季節は気持ち良くていいのでは・・・?

        先述しましたがきのうのコースは以下の通りです
        。廛檗璽拭璽甲鷦崗譟1000円)
        ∋曲發靴覆ら山下公園→中華街
        山下公演→赤レンガ前まで水上バス(370円)
 
        こんな感じでした
        ちなみに山下公園では大道芸をしていて面白かったです
        いろんな人がいましたね・・
        高校生のカップル・
        家族連れ・・
        もしかして不倫?という2人連れ・・
        そしてここの土地に1番似合う外国人のファミリー・・
        海が見えて走り回れるし娘と友人の女の子も1番はしゃいで        いました・・

        中華街を歩いていて気を付けた方がいい事をここで1つ
        甘栗を売っている中国人!
        1つ貰ってしまったら最後腕を引かれて店先までご案内って
        感じです
        買う気がないならこの1つの甘栗は遠慮して下さい
        結構しつこいかも・・(売ってる人には悪いですけど)

        みなさんも天気のいい日にでも行かれてみては・・
        150周年が始まれば横浜の各所でいろいろイベントがあり
        楽しめるのではないでしょうか・・
        私もこの期間中にもう1度行こうと思っています 
        

感動の本・・
  • 2009.03.21 Saturday
  • -
  •  
     今少し話題になっている本ですがステーションモールの本屋さん
     にも在庫切れでした・・
     違う本屋さんでやっと見つけて読んだのが・・


   『最後のパレード ディズニーランドで本当にあった心温まる話』

   中村 克 (株式会社オリエンタルランド 元スーパーバイザー)

     上記の本です ¥1200だったと思います
     
     もう数年前ですがやはりオリエンタル・ランド元副社長さんの
     公演を聞きに行った事があります

     ディズニー・ランドのコンセプト・サービスの精神・・等
     基本の事ばかりですが初心に帰る気持ちでお話を聞いていました
     その話の中で上記の本に出ている話をされていたのを覚えて
     いました

     本の内容は一言で言えばタイトル通り感動の実話が出ています
     病気の子供の話・・
     障害者の方々が来園した時の話・・
     お年寄りや体の不自由な方々の話・・・
     
     全てキャスト(スタッフ)の方々のマニュアル以上の行動に
     感謝した方々のお話です
     
     特にお子さんを亡くされた方々の話は結構こたえます
     娘に置き換えると号泣とはなりませんでしたが目頭が・・

     あたりまえの事をあたりまえに行動できるキャストの方々の
     行動はやはり賛美の対象だと思います
     同じサービス業として勉強のなり勇気付けさせられます

     この種の本(サービスに関した)は良く読みます
     「帝国ホテルのサービス」
     「リッツ・カールトンの感動のサービス」・・等
     ただただ勉強になり自分も頑張ろうという気持ちにさせてくれ
     ますね・・・

     先述した元副社長さんからの話の中でへぇー!?という話が
     ありましたのでお教えします

     ディズニー・ランドがあるのは今は舞浜(当時は浦安)ですが
     日本に建設するにあたってアメリカのディズニー本社の人間は
     浦安にするか富士山の麓にするか候補地2つにしぼり決めかねて
     いたようです
     最終的に浦安に決めた理由がパーク内から富士山が見えてしまう
     のはマズイと・・
     コンセプト(現実からの逃避)に反するというのが理由だった
     そうです
     コンセプトに従い隣接しているオフィシャルホテルの高さも
     制限されていてパーク内からは決して外の物をが見えない様に
     されてるそうです・・
     また、オフィシャルホテル内のショップでは売られている
     雑誌等にいたるまで制限があり子供に不適切なグラビアなどが
     出ている物はNGだそうです・・

     この他にも色々あるんではないかと思いますがキャストの方々
     の爪の長さ・・髪の毛の色・・等細かくあるようでした・・・


     ディズニーのサービスとはいきませんが同じサービス業として
     やはり基本は「自分がされてイヤな事はしない」というのを第一
     にしてきました
     足元にも及びませんが最高のサービスを受けると
     自分自身の成長につながると思います

     この本を読んで混んでて疲れますが娘の笑顔の為に頑張って
     ディズニー・ランド行くかぁーという気持ちにはなりました・・
     ただ、これってオリエンタル・ランドの戦略通りかも・・?
     リターン客になっているのかも・・?と思いました・笑

     そんな邪心は捨てて皆さんも是非お読みになってください
     幸せの原点が見えるとおもいますよ・・

     


     

     
     
    
        
                 
                    

ルーブル美術館展
  • 2009.03.11 Wednesday
  • -
  •  
      ルーブル美術館展に行ってきました 
      昨日は天気も良く暖かくておでかけには良かったです

      午前中に行ったのですがチケット売り場も数人しかおらず
      空いているかなぁ・・?と思いましたが中は結構混んでい
      ました

      1番心配だったのが娘が一緒だった事です
      静かにする様に言い含めていたのが良かったのか
      まぁまぁいい子にしていてくれ助かりました
      裸婦の絵を見て「はだかんぼうだぁ・・」
      受胎告知を見て「赤ちゃんだぁ・・おっぱい飲んでる・・」
      とそれなりに見ていた様です
      何か感じてくれればいいと思いますが・・





      さて、日本で開催される美術展やその他の常設展もそうですが
      とにかく値段が高いですよね
      そしてとても混んでいるのが日常のように感じます
      昨日も1500円というのは高く感じせめて500〜700円位が妥当
      だと思いますが・・

      またパリの話で申し訳けありませんがあちらにある美術館では
      ルーブル・オルセー・・どこも数百円で入れます
      モネの睡蓮の連作があるオランジェリー美術館では
      壁一面にぐるっと飾られていて部屋の真ん中にソファーがあり
      また、来館者も部屋の真ん中で寝そべったりとゆったり鑑賞
      しています
      日曜の午前中は入館料がタダで入れたり・・
      ルーブルの中では学校できている子供達がいたり・・・
      手軽な値段で入れまた本物の絵を身近に見られる環境は
      羨ましいかぎりです
      モナリザを小学生がいつでも見れるなんてありえませんよね

      建物も含めて小さい頃からその様な物に触れていれば
      やはり感性も磨かれるんだなぁ・・と思います

      今回娘を連れて行ったのも何だか分からなくても
      何か感じてくれればなぁ・・との思いからです
      これからも少しづつみせてあげられればと思います
      それともう少し大きくなったら本場に連れていきたいですね

      しかし本人はやはりその後の上野動物園の方がはしゃいで
      いました
      昨日は朝からから揚げをあげてお弁当持参でした
      美術館出た後は「お腹すいたぁー・・お弁当食べたーい」
      と静かにしていたのが疲れた様でいっきに元気爆発という
      感じでした・・・

      たしか4月中旬まで開催していると思いますので
      皆さんもいかれてみればいかがでしょうか・・・

      
            
      
      

柏にもついにヴィトンが・・
  • 2009.03.02 Monday
  • -
  •  
      今月のお休みです
 
 3月3日(火)10日(火)17日(火)18日(水)24日(火)
        31日(火)

         以上になります

     柏ステーションモール新館に噂はありましたがついに
     ルイ・ヴィトンがオープンする様です
     3階の正面に入り口というかりそな銀行の上です
     他にもアルマーニとエトロが出来るみたいです

     この不況の中果たしてどうなのか分かりませんが
     ついにというか、柏にもヴィトンが出来るのかぁー・・と

     この様なブランドは売り上げ伸びず撤退という事はしないで
     しょうから、市場調査等はしてるんだろうなぁとは思いますが

     以前にステーションモール新館の関係者から聞きましたが
     柏よりもっと茨城方面(都内までは面倒)をターゲットに
     していると聞いた事があります

     しかし、お客様のお預かりするバッグ等はやはりブランド物が
     多い気がします
     女性はブランドが好きなんだろうなぁと改めて思います

     以前にパリに居た話はしましたが、向こうではブランド物を
     持ち歩いている人(特に若い人)は殆どいません
     ヴィトン本店も日本人が多く(大学生)また、その服装も本来
     その店に入るにはどうなんだろう・・という感じでした
     ただ、日本人の占める売り上げは世界でも5割以上と聞いた
     事があり、向こうの店員さんも複雑な気持ちの様です

     やはり若い世代が何万円もするバッグを持ち何万円もする財布
     を持ち中身は数千円いうのはおかしい様な・・・

     ちなみに5月にはブルガリもオープンする話も聞きました
     100年に1度の不況と言われている中これらのブランドは
     やはり勝ち残っていくのかどうか・・楽しみです